それはあまりにも愚かであまりにも美しき 戯言。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
TW
タイトルの通りです。
まぁ、多少遅くなりましたが。。。
許せYaMaさんよ。
祝福時代からのお付き合いなので、お祝いしないとね。

お祝いで、姉さんが絵を描いてるので、俺は文章を。

・・・拙いですけどね。
場面設定としては、CP中にシベリン&ナヤがPTを離れていく所。
えぇ、砂漠のど真ん中で、寝てるシーンですよ。

お祝いだけど、全然祝ってる風じゃないのは気のせい。(ぇ
姉さんの絵が、テチマキシだったので、こちらも少しリンクした様にテチマキシで。。。

えぇ、姉さんの絵に触発されて書いたんですよ。(ぇ

俺、TW内で貧乏で有名ですから、こんな形でお祝い。ユルシテネ('A`)

YaMaぽんに、文章丸投げ。どうしようと構わん。YaMaぽんならね。ドウモセンダロウガ(´ー`)

BGMが必要ならこれどうぞ。書いてる時に聴いてた曲。





だから俺はここにいる
~Another world@Congratulations YaMa 240Lv~



―パチッ


小さな破裂音を立てて最後まで燻っていた火が静かに消えていった。

虫の音色さえ聞こえず、時折強く吹く風が頬を撫でていく。

夜の帳が降り、アノお嬢ちゃんが眠ったのを確認して一人、体を起こした。

いつも、調子っぱずれな事を言い出しては俺の予定を狂わしてくれる。

どんな時も、ヘラヘラ笑っているから、泣かれるとどうしていいのか分からなくなる。

泣き疲れた顔を、なんとも言えない感情のまま見つめる。

きっと、瞼が閉じて無ければ俺はこんなにも見ることが出来ないことが分かっているから。

泣かれても、あやす事も、ましてやシベリンのように気の利いた言葉を言うことだって出来やしない。

俺の口から出るのは、からかいの言葉か皮肉だけ。


本心は決して言わない。


それは、今まで生きてきて学んだこと。

倫理武装して、物事を斜めから見ることで「俺」は成り立っている。

金にならないことはしない。

他人とは、決して深く付き合うことはしない。


だから、自分でも不思議になる。


なんで、俺はここに居るんだろう。


金になる為の仕事ではない。

むしろ、このヘンテコな事態に関わることで金がかかって仕方ない。


なのに、俺はここにいる。


きっと、こんな事態にでもならなきゃ付き合う事も無かった奴らと一緒に。


俺と正反対の道を歩く奴ら。

決して交わることが無いと思っていたのに、いつの間にか道は交差し合流している。

この先辿る道が全て同じでは無いにしても、「今」俺は、こいつらと同じ時を過ごしている。

そこには、他愛のない会話もあり、意見の衝突もある。


だけど・・・


思ったより居心地が悪くない。

さっきもそうだ。

「泣くなよ。あいつらは戻ってくるさ」

何の根拠もなければ、全くの嘘でもないと信じて言いそうになった言葉。

ほんのちょっと前の俺が聞いたら、鼻で笑いそうな言葉。


―らしくない。


そう思うのに。

そう、思ってしまった自分。

このまま、こいつらと一緒に居たら俺はどう変わるんだろうか。




手を伸ばせば届きそうなほど、隙間無く散りばめられた星を見上げ、俺は静かに瞼を閉じた。




~END~
スポンサーサイト
2007.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumesora2.blog113.fc2.com/tb.php/24-8fc9fd43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。